台北地域周辺の子連れ家族旅行おすすめホテル

板橋凱撒大飯店/シーザー パーク ホテル バンチャオ (Caesar Park Hotel Banqiao)

 

最安値目安 1泊1室 13,000円〜

子連れおすすめポイント
  • 屋外プールやファミリールームがあります。
  • 6歳未満添い寝無料の記載あり(agoda)

min
min

2017年8月に新北市に開業した新しい5つ星ホテルです。
2018年の8月に台湾に来た友人ファミリーが宿泊し、とても便利だったと喜んでおりましたのでご紹介します。

台北の中心街からは離れていますが、地下鉄なら台北駅から10分程度、MRT板南線板橋駅から徒歩約3分、台湾鉄道板橋駅から徒歩約4分です。バス停までも近いです。
桃園国際空港からも車で30分と台北中心地ホテルと比較すると近いです。
電車でも桃園空港MRTと高鉄を乗り継いでアクセスできます。
松山空港からは車で約40分程度なので、台北中心地ホテルと比較すると松山空港発着の場合は少し遠いです。
また、前日までの予約で、桃園空港やMRT台北までの無料送迎サービスもあるようです。

眺めの良い最上階の屋外プール(4月〜10月)があります。
近くにはデパートやコンビニなども充実しています。
ホテル眼の前のMEGACITYモールには、フードコートや鼎泰豐が入っています。鼎泰豐は台北市内店舗と比較すると混んでいません、
誠品書店も入っています。

また隣の駅になりますが、板橋湳雅觀光夜市もあります。ローカルな夜市で大きくないですが、子供が楽しめるゲームコーナーもあります。

クリスマス時期には、板橋駅前の公園ではクリスマスシティというイベントがあり、イルミネーションがきれいです。
この時期に台北にいらっしゃる方は楽しめると思います。

5つ星ホテルですが、台北中心地のホテルと比較するとリーズナブルです。
デパートやモールの中には子供が遊べるスペースもあり、外には公園もあり、飲食店や夜市も台北市内に比べるとれほど混んでいない環境で、プールもあり、特に桃園国際空港を利用される子連れファミリーにはおすすめです。

 

最安値目安 1泊1室 20,000円〜

子連れおすすめポイント
  • 台北市街から車で1時間程度の温泉リゾートです。
  • ”The spa water world”という温泉プールがあり、子供向けのエリアもあります。スライダーもあります!
    (このエリアではスイムキャップが必要です※ホテル公式サイトでのThe spa water worldの説明
  • 5歳まで添い寝無料の記載あり(agoda)。ファミリールームあり。
min
min

台北市街から車で1時間程度の場所にあります。
見晴らしのいい山の中です。
駐在員もよく利用しているホテルですが、英語もあまり通じないことがあります。
親切なスタッフが多いので、英語が話せる方を呼んできてくれたり、身振り手振りでなんとかなりました。

豪華さはあまりありませんが、温泉設備が充実しています。
水着の着用が必要な広い露天風呂のほかに男女別の半露天風呂や室内温泉もあります。
特に家族連れには露天風呂の近くに水着で楽しめるSPAウォーターワールドが人気です。ウォータースライダーや子供が遊べる設備もあり家族で楽しめます。
台湾の多くのホテルと同様、露天風呂にも水泳用の帽子が必要です。

台湾に増えているスタイリッシュな新しいホテルと比較すると、ところどころ古さはあります。旧館と新館があり、新館のほうが新しいです。旧館も順次改装を進めているようですが、新館には部屋のテラスに半露天風呂のついている4人まで宿泊できる和洋室の部屋があり、子連れですと部屋でゆっくりできるのでおすすめです。
子供用の室内遊具のあるプレイルームもあります。

山の中で、館内のレストランも1つしかなく、近くに食事の選択肢があまりありません。
車があれば、近くの金山まで出て食事をすることになります。
コンビニもありませんので、必要なものは持参されたほうがいいです。

台北の観光拠点とするには交通の便が悪いですが、台北の喧騒から離れて、1日ゆっくり台湾の温泉を楽しむには良いホテルです。