子連れ旅行の楽しみはいろいろありますが、子供に様々な体験をして感じてほしいと思われている親御さんも多いのではないのでしょうか。

旅行はかけがえのない体験ですが、本や図鑑で興味を深掘りしたり、違った角度から捉えることで、さらに世界が広がることもあると思います。

「この魚沖縄で見た!」とか、「バンコクでテロがあったけど、僕たちが行ったところとどれくらい離れているの?」等、子どもたちが体験したことと現実世界で起きていることをつなげて考えることができていくんだなと感じることがよくあります。

本を通して”自分だけの特別な体験”を一般化したり、反対に、本に書かれていることを実際に体験したりという経験で、認識する力が高まっているように感じます。

旅行前に読んで旅行への期待感を高めたり、旅行後に楽しんだりと、旅行がもっと楽しくなるかもしれません。

こちらでは、我が家で息子たちが楽しんだ本を中心に、子供の好奇心に寄り添い、世界を広げることのできる、旅行に関係する本をご紹介します。

小さなお子様向けの旅の本

小さなお子様にとっては、毎日が冒険のようなものですが、旅行では様々な新しい発見がありますよね。
我が家はまず飛行機や新幹線といった”乗り物”に特に興味を示し、楽しんでいました。

created by Rinker
¥821 (2019/09/20 22:03:44時点 Amazon調べ-詳細)

0〜1才くらいのときに好きで、よく読んでいました。
はっきりした絵で、文字は少ないです。
簡単ながら、空港で飛行機が飛ぶまでの様子がわかります。
息子は1才で飛行機に乗ったときに「「かんせいとうです じゅんびはできましたか」って言ってる?」とこの本の中のセリフを言っていたので、覚えているのだとびっくりしました。

いずれも山本忠敬さんの絵本です。乗り物絵本の第一人者である山本さんの絵本はどの乗り物も丁寧に詳細に描かれており、実際の写真よりもずっと惹きつけられるようで、大好きでした。

created by Rinker
¥410 (2019/09/20 21:54:11時点 Amazon調べ-詳細)

Richard Scarryのシリーズの英語絵本です。薄い冊子なので、旅行にも持っていくことができます。
飛行場内の様子がコミカルに描かれているので、好きなキャラクターを探したりしながら、絵を見て楽しんでいました。

園児〜小学校低学年向けの旅の本

created by Rinker
¥3,456 (2019/09/20 21:54:12時点 Amazon調べ-詳細)

ポーランドの絵本作家夫妻が、世界42カ国について、その特徴〜食べ物、建築物、人物、動物、植物など、多くのイラストで説明している大型本です。大人でも眺めているだけで楽しいです。
訪れた国について、改めて見返したり、知らない国について、動物や食べ物から興味をもったりと、何度見ても飽きません。
我が家ではリビングの机の上に常に置いてあり、子供たちも折に触れて眺めています。
プレゼントとしても喜ばれると思います。

created by Rinker
¥1,512 (2019/09/20 21:54:12時点 Amazon調べ-詳細)

安野光雅さんの旅の絵本です。緻密な絵で構成された字のない絵本です。
こちらは中部ヨーロッパですが、イタリア、イギリス、アメリカ、スペイン、デンマーク、中国、日本、スイスについてそれぞれ刊行されています。
ヨーロッパの町並みと人々の暮らしに加え、物語の世界も加わっています。
そんな隠しアイテム?について親子で見つけるのも楽しいです。

created by Rinker
¥1,782 (2019/09/20 21:54:13時点 Amazon調べ-詳細)

ぬいぐるみのうさぎのフェリックスが、ロンドン、パリ、ニューヨークなどの6カ国を旅して、旅先から、仲良しのソフィーに届く手紙で構成された「手紙絵本」です。

ページに封筒が貼られていて、中に手紙やポストカードが入っています。
息子は自分が手紙をもらったかのように毎回喜んで読んでいました。
まだ知らない国への興味がわいてくる本だと思います。

created by Rinker
¥1,620 (2019/09/20 21:54:13時点 Amazon調べ-詳細)

世界に暮らす様々な人種や慣習、遊び、家、食べ物、宗教、仕事、言葉など、世界の多様性を丁寧な絵で知ることができます。
「絵本に書いてあった」と確認したり、ちょっと違うかな、と疑問を持ったりすることができるのも旅の醍醐味ですね。

渡辺茂男さんのくまたくんシリーズの中の一冊です。こどもの目線から見た飛行場の車などの様子が楽しいようでした。

created by Rinker
¥1,404 (2019/09/20 21:54:14時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥1,404 (2019/09/20 22:03:44時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥1,944 (2019/09/20 21:54:14時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥2,800 (2019/09/20 21:54:15時点 Amazon調べ-詳細)

こちらは、息子たちは持っていなかったのですが、先日羽田空港の書店で見かけて、とてもいいなと感じた本です。

羽田空港についてその位置、空港へ向かうモノレール、第二旅客ターミナルビル、チェックインカウンター、空港で働く自動車、管制塔、働く人たち、機体の仕組み、コックピットなど、丁寧に描かれています。
離陸の様子などは観音開きの大きな図面で、迫力があります。
全日空の監修でもあり、紹介されている飛行機は全日空のものです。
また、少し文字が小さいですが、主要施設の下には英訳もついています。

さらに、スマホ連動コンテンツもあり、折り紙動画なども見ることができます。

小学校中学年以上向けの旅の本

created by Rinker
¥2,044 (2019/09/20 21:54:16時点 Amazon調べ-詳細)

世界の平均的家族の持ち物と暮らしについての写真集です。

”国連国際家族年1994年”にむけた、写真のプロジェクトです。
それぞれの国の”普通の人の暮らし”が、写真から生き生きと伝わってきます。
丁寧な文字による説明もありますが、写真が語っていることの方が多いです。
同じ地球に生きて、こんなに違う暮らしをしているのだということがよくわかります。

旅行に行ってもリゾートホテルなどに宿泊しているとわからないその国の”普通の人の暮らし”を垣間見ることができ、息子たちはいろいろと感じることがあったようでした。

created by Rinker
¥1,296 (2019/09/20 21:54:16時点 Amazon調べ-詳細)